11/15 上田市内の小学校PTA講演会を務めさせていただきました。

参観日のあとの貴重なお時間に100名ほどの保護者様と先生方に
ご参加いただきました。

タイトルは
『親の言葉がけで、子どもが変わる!子育てコーチング講座』

 

子育て中は、なかなか余裕を持てないから
意識せずにいると、ついつい言ってしまうのが

「早く!」「~しなさい。」

あれこれ手出し口出ししたほうが
そのときは問題解決するかもしれない。

でもそれってホントに
未来の子どもにとってよい関わりといえるでしょうか?

どんな言葉がけをしたいですか?

親子で信頼関係を築く方法をお伝えして、
心の土台をつくります。

そのうえで
あたり前と思えることでも一つ一つを認めて
言葉にして伝えていきましょう。

ということで

朝起きてから寝るまで
お子さんのこと
そして
親御さん自身のこと

具体的に書き出していただきました。

ほめるというと、
すばらしい結果じゃないと
完璧じゃないととか

親の期待値よりも上回っていないと
ほめられない。という
上から目線になりがちです。

それだと苦しいですよね。

そうではなくて

ほめる=承認=みとめること

できていること、してくれたこと
そのままシンプルに認め伝えること。

「ありがとう」「助かった」

もっというと
毎日笑顔であいさつするだけでも伝えられます。
存在承認
「いてくれてありがとう」

日々の丁寧な積み重ねで
自己肯定感が高まっていきます。

ご参加ありがとうございました!